星野先生のBLOGページ

2017年8月20日 日曜日

歯科用CT装置

当院では、歯科用CT装置を導入しております。

 

従来のX線写真は2次元の平面での診断しかできませんでしたが、

歯科用CT撮影では顎骨や歯だけでなく、顎関節の状態や上顎洞(鼻の奥)の形態、

粘膜の状態、病巣などを3次元の画像として診断できます。

 

そのため、インプラントだけでなく、歯周病治療、根管治療、顎関節症、上顎洞、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。

 

またCT画像での診断とマイクロスコープ下での治療で格段に成功率が上がります。

 



pic20170820174422_0.JPG

投稿者 星野歯科クリニック