むし歯治療

むし歯治療について

むし歯が進んでる方はむし歯治療が必要ですが、歯は削ったら元に戻らない消耗品です。当院では「なるべく削らない、削るときも最低限で」という考えで行っております。

当院では「なるべく削らない、削るときも最低限で」という考えで行っております
虫歯が進んでる方は虫歯治療も必要ですが、歯は削ったら元に戻らない消耗品です
       日本歯科保存治療専門医

むし歯になる原因
・歯の汚れ(歯垢・プラークは、むし歯菌と歯周病菌の塊です)
・むし歯菌が酸を出して歯を溶かします。
                 (小児歯科の特徴 参照)
・歯の形および歯並び(汚れが残りやすいため)、歯質の丈夫さが影響します。
       (予防歯科矯正歯科 参照)
・砂糖(むし歯菌の栄養素)を含む甘いものを食べてる時間・回数
・唾液量が少ない・口呼吸による口の渇き(むし歯菌を洗い流せないため)  

食事・時間について
・歯は毎日、溶けては元に戻ったり、つまり
 脱灰と再石灰化を繰り返しています。
・間食が多いと、歯が溶ける機会が多いということです。
・スポーツ飲料・フルーツジュース・ヤクルト
 コーラなどはphが低いので歯を溶かします。
(飲んだら、20分以内に水でうがいをする事が大事です)
むし歯が発生した場合
むし歯の進行具合で4つに分類されます。

 進行度治療内容
C1歯の表面のみのむし歯 詰め物
C2歯の神経に近いところまで進行したむし歯詰め物・被せ物
C3歯の神経まで達したむし歯(根管治療 参照)詰め物・被せ物
C4歯の保存ができないぐらい進行したむし歯抜歯

むし歯の進行具合によっては歯を失う原因にもなりますので、穴があいたり、歯が黒くなったり、しみたりを感じたら早めの治療が大事です。放置して歯を失わないようにしましょう。
むし歯治療についてむし歯治療についてむし歯治療について
むし歯菌
(ミュータンス連鎖球菌)
 (審美歯科 参照)
 
むし歯リスク検査(唾液検査)

唾液検査でご自身のむし歯リスクを知りましょう!
 

3分間唾液を採取し、ご自身の唾液の性質を3種の方法で検査します。検査結果をもとに、ご自身にあったむし歯リスク低減の対策をアドバイス・提案をさせて頂きます。

<検査内容>

  1. 唾液が酸を中和する能力(唾液緩衝能)の強さ(ディフェンスパワー)を確認します。
  2. 唾液と試薬を混ぜて培養するだけ。すばやく虫歯菌の代謝活性度を判定します。
    培養時間は20分。カリエスリスク検査のファーストステップとして唾液中のう蝕原生菌のもつ活動性をチェック。
    試験は短時間で行え活動性を色調で判断します。
  3. う蝕原生菌が作る酸の強さで歯を攻撃する力(アタックパワー)を調べます。
    培養時間は48時間です。

費用 2,700円

<検査結果例>

唾液検査
② 唾液の緩衝能(口腔内を中和する力)
唾液検査
 
唾液検査
① 唾液分泌量の測定
 
唾液検査
③ むし歯の活動性
唾液検査


【結果】

①唾液量 少

②危険域

③危険域

④注意域
 
唾液検査
④むし歯の産生する酸の強さ
唾液検査


検査の結果に対してどんな対策が打てるか具体的に説明します。
 

唾液検査
② 唾液の緩衝能(口腔内を中和する力)
唾液検査
危険域
唾液検査
① 唾液分泌量 少

■対策

  1. うがいの回数を増やす(唾液で洗い流すのが弱いため)
  2. 唾液腺マッサージ(耳下腺 顎下腺 舌下腺を刺激し唾液量を増やす)
  3. phの低い飲み物・食べ物を摂取しない
  4. 飲食後 20分以内にうがいをし、口腔内を早く中和させる
  5. 食事は、よく噛んで唾液が出るようにする
唾液検査唾液検査
③むし歯菌の活動性(数)危険域
唾液検査唾液検査

■むし歯の生息する場所
歯は、複雑な形態をしています。特に奥歯は物をすり潰すために複雑な溝があります。しかし、その溝に、むし歯菌が付着し(写真の赤く染まっているところ)、いつの間にかむし歯が進行していることがよくあります。

■対策

  1. プラークを赤く染め出し、付着部位を確認して頂き、フラッシング指導をします。
  2. 歯の汚れを徹底的に除去します。
    フッ化物入りの研磨剤で磨いたり、細かいパウダーを吹きつけ、細かい部分まで汚れを落とします(PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning)
  3. 歯の溝に、フッ化物配合の材料で埋めてしまいます。そうすることで、むし歯菌の入る余地をなくし、むし歯リスクを低減させます(シーラントあるいは予防填塞といいます)
唾液検査唾液検査
歯面清掃剤
(汚れ具合により各種使い分けをしています)
細かいパウダーの出る歯面清掃機器
唾液検査唾液検査
赤く染まった汚れを除去したところ
フッ化物入りのシーラント剤フッ化物入りのシーラント剤
唾液検査唾液検査
唾液検査唾液検査
④むし歯菌の産生する酸の強さ注意域

■対策

  1. むし歯菌の出す酸に抵抗するためにフッ化物塗布を行います。
    フッ化物を塗布することで、エナメル質(ヒドロシキアパタイトという不揃いの結晶構造)をフルオロアパタイトという規則正しい結晶構造にすることで歯質を物理的に強化します。
  2. ご自身のむし歯リスクを理解し、定期的な歯科検診を受診することをお勧め致します。検診の間隔はリスクの程度により、3か月、4か月、6ヵ月と様々です。