HOME > 義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)



高いクオリティの歯科技工所との提携

自費治療に関して優秀な歯科技工士がいる「コアデンタルラボ横浜」と提携

当院は、優秀な歯科技工士がいる「コアデンタルラボ横浜」と提携し、調整をほとんど必要としないほどのクオリティの高い義歯や上物をご提供しています。

自費と保険の義歯(入れ歯)の違い

使える材料が決まっているのが保険治療です。そのため、全体に分厚くなって飲食しているものの温度が伝わりにくいというデメリットがあります。また、素材の限界もあり、ちょっとしたズレを感じやすいため、頻繁な調整が必要になる場合が多くなります。

自費治療の場合、必要に応じて自由な材料を選ぶことができるため、全体に薄くなり、また床に金属を使えるため飲食物の温度も口内に自然に伝わります。

目立たない入れ歯

患者さまからリクエストが多いバネが目立たないもの、バネが表から見えないもの、そしてバネがまったくないものまで、気付かれない入れ歯を各種扱っています。フィット感はよいのですが、やや汚れやすいので、ケアについてもしっかりお伝えしています。

入れ歯のメンテナンス

入れ歯のメンテナンス

入れ歯を使用している時間が長くなると、徐々に噛み合わせが変わり、ズレが大きくなっていきます。
そのため装着時の違和感や痛みが生じることがあります。

また、ズレが生じることで、他の歯に大きな負担がかかってその歯を失うことにもつながりまねません。ちょっとした違和感を感じたら、こまめに微調整を行うことをおすすめします。

一番合う入れ歯ができる理由

当院では、自費治療に関して優秀な技工士がいる「コアデンタルラボ横浜」と提携しています

自費治療では「コアデンタルラボ横浜」の担当技工士(中島康人)が当院で立ち合って、噛み合わせなど細かい調整を共同で行いますので、しっかり噛めて、装着感の優れた義歯を作ることができます。

調整が1~2度程度で済んでしまう、とてもクオリティの高い義歯をお作りしています。