HOME > 一般歯科(むし歯・根管治療・歯周病)

一般歯科(むし歯・根管治療・歯周病)

むし歯治療について

むし歯が進んでる方はむし歯治療が必要ですが、歯は削ったら元に戻らない消耗品です。当院では「なるべく削らない、削るときも最低限で」という考えで行っております。

当院では「なるべく削らない、削るときも最低限で」という考えで行っております
虫歯が進んでる方は虫歯治療も必要ですが、歯は削ったら元に戻らない消耗品です
       日本歯科保存治療専門医

むし歯になる原因
・歯の汚れ(歯垢・プラークは、むし歯菌と歯周病菌の塊です)
・むし歯菌が酸を出して歯を溶かします。
                 (小児歯科の特徴 参照)
・歯の形および歯並び(汚れが残りやすいため)、歯質の丈夫さが影響します。
       (予防歯科矯正歯科 参照)
・砂糖(むし歯菌の栄養素)を含む甘いものを食べてる時間・回数
・唾液量が少ない・口呼吸による口の渇き(むし歯菌を洗い流せないため)  

食事・時間について
・歯は毎日、溶けては元に戻ったり、つまり
 脱灰と再石灰化を繰り返しています。
・間食が多いと、歯が溶ける機会が多いということです。
・スポーツ飲料・フルーツジュース・ヤクルト
 コーラなどはphが低いので歯を溶かします。
(飲んだら、20分以内に水でうがいをする事が大事です)
むし歯が発生した場合
むし歯の進行具合で4つに分類されます。

 進行度治療内容
C1歯の表面のみのむし歯 詰め物
C2歯の神経に近いところまで進行したむし歯詰め物・被せ物
C3歯の神経まで達したむし歯(根管治療 参照)詰め物・被せ物
C4歯の保存ができないぐらい進行したむし歯抜歯

むし歯の進行具合によっては歯を失う原因にもなりますので、穴があいたり、歯が黒くなったり、しみたりを感じたら早めの治療が大事です。放置して歯を失わないようにしましょう。
むし歯治療についてむし歯治療についてむし歯治療について
むし歯菌
(ミュータンス連鎖球菌)
 (審美歯科 参照)
 
むし歯リスク検査(唾液検査)

唾液検査でご自身のむし歯リスクを知りましょう!
 

3分間唾液を採取し、ご自身の唾液の性質を3種の方法で検査します。検査結果をもとに、ご自身にあったむし歯リスク低減の対策をアドバイス・提案をさせて頂きます。

<検査内容>

  1. 唾液が酸を中和する能力(唾液緩衝能)の強さ(ディフェンスパワー)を確認します。
  2. 唾液と試薬を混ぜて培養するだけ。すばやく虫歯菌の代謝活性度を判定します。
    培養時間は20分。カリエスリスク検査のファーストステップとして唾液中のう蝕原生菌のもつ活動性をチェック。
    試験は短時間で行え活動性を色調で判断します。
  3. う蝕原生菌が作る酸の強さで歯を攻撃する力(アタックパワー)を調べます。
    培養時間は48時間です。

費用 2,700円

<検査結果例>

唾液検査
② 唾液の緩衝能(口腔内を中和する力)
唾液検査
 
唾液検査
① 唾液分泌量の測定
 
唾液検査
③ むし歯の活動性
唾液検査


【結果】

①唾液量 少

②危険域

③危険域

④注意域
 
唾液検査
④むし歯の産生する酸の強さ
唾液検査


検査の結果に対してどんな対策が打てるか具体的に説明します。
 

唾液検査
② 唾液の緩衝能(口腔内を中和する力)
唾液検査
危険域
唾液検査
① 唾液分泌量 少

■対策

  1. うがいの回数を増やす(唾液で洗い流すのが弱いため)
  2. 唾液腺マッサージ(耳下腺 顎下腺 舌下腺を刺激し唾液量を増やす)
  3. phの低い飲み物・食べ物を摂取しない
  4. 飲食後 20分以内にうがいをし、口腔内を早く中和させる
  5. 食事は、よく噛んで唾液が出るようにする
唾液検査唾液検査
③むし歯菌の活動性(数)危険域
唾液検査唾液検査

■むし歯の生息する場所
歯は、複雑な形態をしています。特に奥歯は物をすり潰すために複雑な溝があります。しかし、その溝に、むし歯菌が付着し(写真の赤く染まっているところ)、いつの間にかむし歯が進行していることがよくあります。

■対策

  1. プラークを赤く染め出し、付着部位を確認して頂き、フラッシング指導をします。
  2. 歯の汚れを徹底的に除去します。
    フッ化物入りの研磨剤で磨いたり、細かいパウダーを吹きつけ、細かい部分まで汚れを落とします(PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning)
  3. 歯の溝に、フッ化物配合の材料で埋めてしまいます。そうすることで、むし歯菌の入る余地をなくし、むし歯リスクを低減させます(シーラントあるいは予防填塞といいます)
唾液検査唾液検査
歯面清掃剤
(汚れ具合により各種使い分けをしています)
細かいパウダーの出る歯面清掃機器
唾液検査唾液検査
赤く染まった汚れを除去したところ
フッ化物入りのシーラント剤フッ化物入りのシーラント剤
唾液検査唾液検査
唾液検査唾液検査
④むし歯菌の産生する酸の強さ注意域

■対策

  1. むし歯菌の出す酸に抵抗するためにフッ化物塗布を行います。
    フッ化物を塗布することで、エナメル質(ヒドロシキアパタイトという不揃いの結晶構造)をフルオロアパタイトという規則正しい結晶構造にすることで歯質を物理的に強化します。
  2. ご自身のむし歯リスクを理解し、定期的な歯科検診を受診することをお勧め致します。検診の間隔はリスクの程度により、3か月、4か月、6ヵ月と様々です。

根管治療について

根管治療とは、むし歯が神経まで進行した場合や根の先に病気ができた場合に根管内の神経や感染歯質を除去する治療法です。

症状としては、歯髄(歯の神経)の炎症や細菌感染により熱いもので痛む、自発痛がある、歯ぐきが腫れる、膿をもつ、噛むと痛いなど痛みを伴うことが多いです。

歯根端切除術(外科的歯内療法)
通常のレントゲン像(2次元像)

通常のレントゲン像(2次元像)
根の先に黒い像があります(病気を疑う像)

むし歯治療についてむし歯治療について 

根管内部は細かったり、太かったり、曲がっていたり、扁平していたりと非常に複雑な形態をしており暗く狭いので肉眼で確認する事が出来ません。

そのため、炎症を起こした神経や感染歯質をきれいに除去する事や、神経に代わる材料で緊密に密閉することが大変難しくなっています。

しかし、この治療が正確に行われないと再発の原因にもなり、歯の寿命に影響します。

歯の寿命を延ばすには精度の高い根管治療が必要です。

マイクロスコープを使った精密根管治療

①マイクロスコープを使用することで、根管内部を明るく照らし、3.4~21.3倍の高倍率で拡大することで、今まで肉眼では見えなかった根管内部をしっかり観察することができます。

また、むし歯治療、歯周治療、外科処置においても、より精度の高い治療が可能となります。



世界最高峰の光学機器メーカーのマイクロスコープ(カールツアイス社製)を使用し、診断および治療中によく観察しながら神経や細菌感染している部分を除去していきます。
②根管内が唾液などで汚染されないように、ゴムのシートで根管をカバーしながら治療を行います。

③今までは、手用器具で治療するのが一般的でしたが、最近では、根管治療専用機器で行うのが主流になりつつあります。この機器を使用することでより正確な根管治療が可能となります。
  
●根管内に残留した汚物を見逃しません。残留させると将来、根尖病変を引き起こす原因になります

徹底した根管内の汚物除去(汚染された所を赤く染め、染まった所を除去します)
④感染物質や細菌の取り残しがないよう徹底的に根管内を洗浄します。

⑤根管内洗浄が終わったら、根管内細菌の有無を細菌培養試験で確認します。


細菌培養試験 左 細菌(-) 右 細菌(+)
⑥根管内が無菌化されたら、根管内をガッタパーチャという材料で密閉します(3D根管充填)

以上の内容での根管治療後の土台・上物は自費治療となります。
根管の入り口根管内を緊密に封鎖

根管内を徹底的に清掃封鎖後のレントゲン像

歯を長持ちさせるためには、マイクロスコープ下での確実な根管治療が必要不可欠です。
論文から推測される成功率の目安
精密根管治療保険内治療
初回根尖病変なし90%以上30~50%
根尖病変あり80%以上
再根管治療70%以上
状態の良くない再根管治療
(改善しない場合、外科的に改善を目指します)
40~50%抜歯と判定されることが多いように思われます

※保険内治療において、肉眼・ラバーダム防湿を行わない、滅菌レベルが低い等の問題があるため成功率が低い。

参考論文
日歯内療誌 32(1):1~10,2011
Gorni FG,et al.,2004

当院の根管治療実績(追跡調査した193本の5~11年成功率)

*5~11年後のレントゲンで、根尖病変を認めないものを成功としています。
(一番厳しい基準で判定しています)

根管内を初めて治療する歯の場合
術前に根尖病変がない群92.6%初回治療歯の成功率
平均88.4%
術前に根尖病変がある群84.2%
根管内の再治療が必要な歯の場合
術前に根尖病変がない群78.3%再治療歯の成功率
平均75.8%
術前に根尖病変がある群73.2%

ただし以下の事にご注意下さい!


根管治療した歯の約20%が抜歯に至っております(当院データから)

■抜歯理由

第1位歯周病8.7%
第2位歯根破折5.2%
第3位むし歯3.5%
第4位根尖病変2.2%

■主な原因

毎日の歯ブラシによる口腔ケアや定期的なメンテナンスが不十分なため
強い噛みしめや歯ぎしり等で歯根に負担が大きいため

精密根管治療後の上物(土台代込み) 価格表(税抜き価格)

詳しくはこちらからご覧ください。

歯根端切除術(外科的歯内療法)

外科的歯内療法をマイクロスコープ下で行うと成功率が飛躍的に向上します。

歯根端切除術(外科的歯内療法)
通常のレントゲン像

通常のレントゲン像
根の先に黒い像があります(病気を疑う像)


通常のレントゲン(2次元像)では病巣の大きさ・広がりが判断できない事が多々ありますが、歯科用CT撮影では、3次元レベルで明確になります。想像以上に病変が大きい事が分かります。

 

CT画像で確認した病巣の摘出根の先端は破壊され歯石(細菌の塊)が付着しています

根の先を除去し、穴を封鎖します
(神経を取っているため歯根の変色が著しい)
症状がなくなり、快方に向かっています


歯周病治療について

歯は骨に支えられていますが、歯周病が進むとその骨が壊れてしまい、歯がグラグラして、痛みを伴い出血や腫れて膿がでてきたりします

歯は骨に支えられていますが、歯周病が進むとその骨が壊れてしまい、歯がグラグラして、痛みを伴い出血や腫れて膿がでてきたりします。歯周病は、はじめは痛みなく進行するので、気付かないうちに症状が一気に悪化してしまうことも珍しくありません。重度の場合、抜歯に至ることが多々あります。

最近では歯周病菌がさまざまな生活習慣病の原因になっていることもわかってきていますし、ご高齢の方の場合は、歯周病菌が気管から肺に入ってしまうことで肺炎をおこすケースも少なくありません。
歯周病は、35歳を過ぎるとリスクが高まります。歯周病の原因は90%以上が歯垢や歯石です。もし、歯ブラシの時に血がにじんでいたら受診をおすすめします。

口臭治療

口臭の原因は、その大部分が歯垢や歯石の元になってる歯周病菌の出すガスです。そのため、歯垢や歯石を除去することで治すことができます。重度の方でも1回の治療で劇的な効果が現れますので、お気軽にご相談ください。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

比較的軽い歯周病であれば、歯石やプラーク(歯垢)を除去し、歯の周りを清潔に保つことで治すことができます。しかし、炎症が歯を支えてる骨まで進行し、歯周組織の破壊が起こっている場合には、歯周組織を回復させる為の『歯周外科手術』が必要になります。この手術の際に歯周組織再生材料(以下 ゲル)を使用します。
(歯周病治療 参照)
この材料の主成分は『エナメルマトリックスデリバティブ』で、子供の頃に歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種です。

>> 症例はこちら

手術の前に

歯周組織の状態を調べる為に、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。ゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者様の健康状態によっても異なります。

歯周外科手術
  • 手術は麻酔をかけて行います。
  • 最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します。
  • 次に歯根表面の清掃を行います。
  • 薬剤(ゲル)を塗布します。
  • 最後に縫合し手術は終了となります。手術にかかる時間は約1時間前後で、手術後しばらく休んでいただいた後に帰宅となります。抜糸は術後2~6週間後に行います。
手術後の注意点
手術創は速やかに治癒しますが、手術部分の歯磨きなどは医師の指示に従ってください

手術創は速やかに治癒しますが、手術部分の歯磨きなどは医師の指示に従ってください。また、手や舌で手術部分を触らないでください。

手術後の感染を防ぐ為に、術後3~6週間は消毒薬で口の中を良く洗浄するようにします。抗生物質が処方された場合には医師の指示に従ってください。

定期的な受診について

機能的な歯周組織を取り戻すまでには。数ヶ月から1年程度かかります。歯周組織が再生する期間及び程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。

術後のスケジュール詳細も患者様によって異なりますので、治療が終了した後も、口の中の 衛生状態を定期的に検査してもらう事をお勧めします。歯周病を再発させない為には歯や歯の周りをいつも清潔に保つ事が大切です。