歯周病治療

歯周病治療について

歯は骨に支えられていますが、歯周病が進むとその骨が壊れてしまい、歯がグラグラして、痛みを伴い出血や腫れて膿がでてきたりします

歯は骨に支えられていますが、歯周病が進むとその骨が壊れてしまい、歯がグラグラして、痛みを伴い出血や腫れて膿がでてきたりします。歯周病は、はじめは痛みなく進行するので、気付かないうちに症状が一気に悪化してしまうことも珍しくありません。重度の場合、抜歯に至ることが多々あります。

最近では歯周病菌がさまざまな生活習慣病の原因になっていることもわかってきていますし、ご高齢の方の場合は、歯周病菌が気管から肺に入ってしまうことで肺炎をおこすケースも少なくありません。
歯周病は、35歳を過ぎるとリスクが高まります。歯周病の原因は90%以上が歯垢や歯石です。もし、歯ブラシの時に血がにじんでいたら受診をおすすめします。

口臭治療

口臭の原因は、その大部分が歯垢や歯石の元になってる歯周病菌の出すガスです。そのため、歯垢や歯石を除去することで治すことができます。重度の方でも1回の治療で劇的な効果が現れますので、お気軽にご相談ください。