HOME > 根管治療

根管治療

根管治療について

根管治療とは、むし歯が神経まで進行した場合や根の先に病気ができた場合に根管内の神経や感染歯質を除去する治療法です。

症状としては、歯髄(歯の神経)の炎症や細菌感染により熱いもので痛む、自発痛がある、歯ぐきが腫れる、膿をもつ、噛むと痛いなど痛みを伴うことが多いです。

歯根端切除術(外科的歯内療法)
通常のレントゲン像(2次元像)

通常のレントゲン像(2次元像)
根の先に黒い像があります(病気を疑う像)

むし歯治療についてむし歯治療について 

根管内部は細かったり、太かったり、曲がっていたり、扁平していたりと非常に複雑な形態をしており暗く狭いので肉眼で確認する事が出来ません。

そのため、炎症を起こした神経や感染歯質をきれいに除去する事や、神経に代わる材料で緊密に密閉することが大変難しくなっています。

しかし、この治療が正確に行われないと再発の原因にもなり、歯の寿命に影響します。

歯の寿命を延ばすには精度の高い根管治療が必要です。

マイクロスコープを使った精密根管治療

①マイクロスコープを使用することで、根管内部を明るく照らし、3.4~21.3倍の高倍率で拡大することで、今まで肉眼では見えなかった根管内部をしっかり観察することができます。

また、むし歯治療、歯周治療、外科処置においても、より精度の高い治療が可能となります。



世界最高峰の光学機器メーカーのマイクロスコープ(カールツアイス社製)を使用し、診断および治療中によく観察しながら神経や細菌感染している部分を除去していきます。
②根管内が唾液などで汚染されないように、ゴムのシートで根管をカバーしながら治療を行います。

③今までは、手用器具で治療するのが一般的でしたが、最近では、根管治療専用機器で行うのが主流になりつつあります。この機器を使用することでより正確な根管治療が可能となります。
  
●根管内に残留した汚物を見逃しません。残留させると将来、根尖病変を引き起こす原因になります

徹底した根管内の汚物除去(汚染された所を赤く染め、染まった所を除去します)
④感染物質や細菌の取り残しがないよう徹底的に根管内を洗浄します。

⑤根管内洗浄が終わったら、根管内細菌の有無を細菌培養試験で確認します。


細菌培養試験 左 細菌(-) 右 細菌(+)
⑥根管内が無菌化されたら、根管内をガッタパーチャという材料で密閉します(3D根管充填)

以上の内容での根管治療後の土台・上物は自費治療となります。
根管の入り口根管内を緊密に封鎖

根管内を徹底的に清掃封鎖後のレントゲン像

歯を長持ちさせるためには、マイクロスコープ下での確実な根管治療が必要不可欠です。
論文から推測される成功率の目安
精密根管治療保険内治療
初回根尖病変なし90%以上30~50%
根尖病変あり80%以上
再根管治療70%以上
状態の良くない再根管治療
(改善しない場合、外科的に改善を目指します)
40~50%抜歯と判定されることが多いように思われます

※保険内治療において、肉眼・ラバーダム防湿を行わない、滅菌レベルが低い等の問題があるため成功率が低い。

参考論文
日歯内療誌 32(1):1~10,2011
Gorni FG,et al.,2004

当院の根管治療実績(追跡調査した193本の5~11年成功率)

*5~11年後のレントゲンで、根尖病変を認めないものを成功としています。
(一番厳しい基準で判定しています)

根管内を初めて治療する歯の場合
術前に根尖病変がない群92.6%初回治療歯の成功率
平均88.4%
術前に根尖病変がある群84.2%
根管内の再治療が必要な歯の場合
術前に根尖病変がない群78.3%再治療歯の成功率
平均75.8%
術前に根尖病変がある群73.2%

ただし以下の事にご注意下さい!


根管治療した歯の約20%が抜歯に至っております(当院データから)

■抜歯理由

第1位歯周病8.7%
第2位歯根破折5.2%
第3位むし歯3.5%
第4位根尖病変2.2%

■主な原因

毎日の歯ブラシによる口腔ケアや定期的なメンテナンスが不十分なため
強い噛みしめや歯ぎしり等で歯根に負担が大きいため

精密根管治療後の上物(土台代込み) 価格表(税抜き価格)

詳しくはこちらからご覧ください。

歯根端切除術(外科的歯内療法)

外科的歯内療法をマイクロスコープ下で行うと成功率が飛躍的に向上します。

歯根端切除術(外科的歯内療法)
通常のレントゲン像

通常のレントゲン像
根の先に黒い像があります(病気を疑う像)


通常のレントゲン(2次元像)では病巣の大きさ・広がりが判断できない事が多々ありますが、歯科用CT撮影では、3次元レベルで明確になります。想像以上に病変が大きい事が分かります。

 

CT画像で確認した病巣の摘出根の先端は破壊され歯石(細菌の塊)が付着しています

根の先を除去し、穴を封鎖します
(神経を取っているため歯根の変色が著しい)
症状がなくなり、快方に向かっています


その他、マイクロスコープで確認・処置できること

●痛みの原因・・。それは歯根破折かもしれません!マイクロスコープ下で破折線が確認できた症例です。
  
●被せ物が不適合のため、歯肉炎を起こしています。


●マイクロスコープ下で確実にむし歯を除去し、白い詰め物をしました。
  
●むし歯が神経まで進んでしまっている場合


特に症状がなければ、神経保護材で確実にカバーし、被せ物を行います


歯科用CT撮影について


従来のX線写真は2次元の平面での診断しかできません。

歯科用CT撮影では顎骨や歯だけでなく、顎関節の状態や上顎洞(鼻の奥)の形態、粘膜の状態、病巣などを3次元の画像として診断できます。

そのため、インプラントだけでなく、歯周病治療、根管治療、顎関節症、上顎洞、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。

•撮影から診断までその場で即日で行える

•被曝線量が医科用CTの1/8程度と低水準

•保険適用(インプラント治療の場合は適用外)

根管治療
根管治療
歯根の形態、根管の状態、根尖(根の先端)の病巣の大きさや広がりについて
把握できます。
CT画像での診断とマイクロスコープ下での治療で格段に成功率が上がります。
(根管治療 参照)
歯周疾患
歯周炎によって引き起こされた骨の破壊の程度などを正確に把握できます。そのため歯を保存するための歯周外科に移行するか否かの判断がしやすくなります。
インプラント治療
インプラント治療では、埋入する部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確に診査・診断する必要があります。
歯科用CT撮影により、インプラント本体の埋入位置、深度などを的確に把握し、術前の治療計画をしっかり立案することで、安全で安心なインプラント治療につながります。
上顎洞炎や親知らずの治療・抜歯
歯科用CTを上顎洞炎の治療や親知らずの抜歯に利用することで、歯牙と神経や上顎洞などの位置関係、炎症の程度、病巣の有無や大きさ、などを正確に把握できます。
顎関節症
顎関節症
歯科用CT撮影により三次元レベルで顎関節の状態が把握できます。
そのため従来のレントゲンではわからなかった顎関節の変形やズレを正確に診断出来ます。